東京のホームページ制作・WEBデザインオフィス「SKYGOLD」

日本の比じゃない!!? バンコクの紀伊国屋書店は、デザイン書の宝庫!!

DSC06826

最近バンコクに訪れた時に必ず寄るのが、サイアムパラゴンの3Fにある、紀伊国屋書店です。
日本でも僕は良くwebやデザイン関連の本を探しに都内の大型書店に良く行くのですが、ここ、サイアムパラゴンの紀伊国屋書店のデザインの洋書の数に圧倒され、感動したので、少し紹介したいと思います。

DSC06836
デザイン書以外にももちろん、その他の書籍もかなり多く揃っているのですが、デザイン・クリエイティブ関連だけで、上記の写真では収まりきらない量の本が取り揃えられています。このエリアよりデザイン書のエリアは広いです。まさに圧巻です。
プロンポンの紀伊国屋にも行きましたが、こちらのサイアムパラゴン店のほうが圧倒的にデザイン書の数が多かったです。

DSC06829
グラフィックデザイン・写真関連の本がずらりと並んでいます。
日本でもいろいろなデザイン書を購入したり、立ち読みしたりしますが、作品そのものの作風や、捉えている部分に違いがあり、とても面白いです。興味があるものが多く、量も非常に多すぎて、はっきりいって選びきれません。とにかく凄いです。

DSC06830
建築・インテリア・ファション関連の本もかなり充実しています。

DSC06831
パントーン社のカラーチャートの本をはじめ、様々な配色の見本帳も揃います。

DSC06834
気になるデザイン関連の本を並べてみました。
Amazonで調べてみると、ここ紀伊国屋だと3,000円ほどで買える本が、なんと、Amazonでは新品は在庫切れで中古のみでかつプレミアが付いて20,000円を越える本まで普通に在庫があり、ちょうど欲しい本だったので、なやんだあげく、購入しました。
なんか得した気分になりました。
今回はバックパック1つで来たので、持ち帰りに困るので、2冊だけ購入。次回はスーツケースを持ってきてガッツリいろんなデザイン書を買っていきたいと思います。

DSC06838
雑誌もいろいろあります。日本では手に入りにくい本がここにはたくさんあります。

DSC06828
デザイン書以外でも小説なども、デザインのパッケージが日本とは違いお洒落なので、見ていて楽しいですね。

まとめ

英語の本がメインになりますが、日本以外のデザインのトレンドや考え方も勉強したいという方にはもってこいの場所だと思います。
情報デザインもグローバル化が進んでおり、日本だけのトレンドを勉強しておけばよいという状況ではなくなりつつあると思います。基本的に日本のデザインのトレンドは海外から流れてくるものが多いので、いち早く最新トレンドをキャッチしておきたいですね。

 
W r i t e r
KEiSoN★
代表取締役 / webデザイナー
2009年より東京にてフリーランスWEBデザイナーとして活動を開始し、2015年12月に法人化した、創立8年目の小さなデザイン事務所です。初対面でも柔軟に人にとけ込んでいける性格と、個人事務所という利点を活かした柔軟なサービスを得意としております。コストパフォーマンスの高さNo.1のwebサイト制作を目指します。
アーカイブ