「ONEDAY FORWARD COWORKING SPACE」バンコクのコワーキングスペース③

DSC06652 日本より物価が安く、比較的治安のよいバンコクには、コワーキングスペースと呼ばれるシェア型のオフィスが増えてきており、世界中からたくさんのクリエイターやエンジニアが集まり、こういった場所で仕事をしている人も多いようです。
PC1台あれば仕事ができますので、例えば、日本での打ち合わせの予定を入れずに、4,5日だけでもバンコクでリフレッシュしながら仕事をするというワーキングスタイルも可能です。 Wi-Fiはバンコクではいたるところに飛んでいるので、カフェのフリーWi-fiで仕事をするといったことも可能ですが、カフェはあくまで、「飲食をする場所」なので、じっくり仕事に打ち込むのであれば、「コワーキングスペース」がおすすめです。会議もでき、ネット回線も安定していますし、電源もしっかり使えますし、コーヒーもおかわりでき、じっくり仕事に打ち込めます。
そんなわけで、今回は、バンコクのプロンポン駅近くにある、コワーキングスペース「ONEDAY FORWARD COWORKING SPACE」を紹介していきたいと思います。

コワーキングスペース ONEDAY FORWARD COWORKING SPACE の特徴

DSC06646 コワーキングスペース「ONEDAY FORWARD COWORKING SPACE」は、プロンポン駅から徒歩5分ほどの比較的静かな場所にあり、ブルックリンスタイルの洗練されたインテリアが印象的です。 コワーキングスペース併設ホステルという形になっており、隣に「ONEDAY PAUSE HOSTEL」が併設されています。 旅と仕事を両立したい人にはオススメの宿です。 人気カフェ「Casa Lapin」も隣接され、お洒落度抜群、コーヒーもかなり美味しいものが飲めます。(ホットカプチーノはかなりオススメです!) クリエイターのインスピレーションをガッツリ刺激してくれる、オススメのスポットです。
最寄駅: プロンポン駅 営業時間: 24時間 料金: 1日利用 350バーツ URL: http://www.onedaybkk.com/ 住所: 51 Sukhumvit Soi 26, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok[Google MAP]
DSC06647 カウンターで手続きをします。ここで、ホステルのほうのチェックイン、コワーキングスペースの利用の手続きをします。 DSC06651 本もたくさん用意されており、ちょっとした情報収集もできます。ほとんど英語の本でした。 DSC06655 イスも座り心地が非常に良く、床にコンセントがあり、電源が確保できますので、じっくり仕事ができます。 DSC06654 テーブルの境界に置かれた古書がいい味を出しています。 DSC06649 この日はなぜかコーヒーを作ってませんでしたが、いつもは飲めるようです。スナック類も何種類か食べれます。 DSC06648 今回のバンコクはお昼は仕事です。 DSC06653 卓球台もモチーフにしたテーブル。。変わってますね。 DSC06632 人気カフェ「Casa Lapin」にも行ってきました。 DSC06636 コーヒーと朝食を食べました。食事も美味しかったですが、ホットカプチーノはかなりオススメです!また飲みにいきたいと思います。

まとめ

お洒落度の高いカフェ・コワーキングスペース・ホステルを同時に楽しみたいなら、ここはマストです。 今バンコクで注目のエリア、「プロンポン駅」に近いので、ショッピング等も楽しむことができます。 日本でのオフィスワークに煮詰まったらこういった場所を有効活用しながら、楽しい労働生活を送りたいものですね。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ