「BUSY BEES@115」バンコクのコワーキングスペース⑥

DSC06731 日本より物価が安く、比較的治安のよいバンコクには、コワーキングスペースと呼ばれるシェア型のオフィスが増えてきており、世界中からたくさんのクリエイターやエンジニアが集まり、こういった場所で仕事をしている人も多いようです。
PC1台あれば仕事ができますので、例えば、日本での打ち合わせの予定を入れずに、4,5日だけでもバンコクでリフレッシュしながら仕事をするというワーキングスタイルも可能です。 Wi-Fiはバンコクではいたるところに飛んでいるので、カフェのフリーWi-fiで仕事をするといったことも可能ですが、カフェはあくまで、「飲食をする場所」なので、じっくり仕事に打ち込むのであれば、「コワーキングスペース」がおすすめです。会議もでき、ネット回線も安定していますし、電源もしっかり使えますし、コーヒーもおかわりでき、じっくり仕事に打ち込めます。
そんなわけで、今回は、バンコクのプロンポン駅近くにある、「BUSY BEES@115」を紹介していきたいと思います。

コワーキングスペース BUSY BEES@115 の特徴

コワーキングスペース「BUSY BEES@115」は、最寄駅はプロンポン駅になりますが、徒歩圏内ではないので、バイクタクシーで移動しました。 「BUSY BEES@115」は、ロンポーマンションという自社経営のマンションの1Fにあり、コワーキングスペースを兼ね備えたレンタルオフィスという形になっています。何社かの会社が入っていました。シェアオフィス事業以外に、
・会社設立、ビザ・ワークパーミット取得代行、経理代行 ・金融ファイナンスサービス(短期資金貸付、株式投資) ・サービスアパートメント・ロンポーマンション
等の事業を行っているようで、日本からバンコクへ進出して起業したいという方への支援等も行っているようです。 DSC06725
最寄駅: プロンポン駅 営業時間: 8:00〜20:00 料金: 1日利用 280バーツ (その他プランはこちら) URL: http://busybees115.com/jp/ 住所: 115 Rimthangrodfai Road, Klongtoey, Bangkok[Google MAP]
DSC06727 ロンポーマンションの正面のエントランスを入り、廊下を左へ歩いていくと、「BUSY BEES@115」のエントランスが見えてきます。 DSC06736 オフィスの空間は、レンガ張りとコンクリートを打ちっぱなしたニューヨークを感じる内装になっています。天井には蜂の巣の形をイメージしたような照明が付いています。 DSC06738 かなり広々とした空間です。個人のデスクと、打ち合わせ用のデスクがあり、どちらも快適に利用できるようになっています。イスの座り心地がとても良く、仕事に集中できたのが印象的でした。 DSC06742 奥の階段を上がると、休憩スペースとテラスがあります。 DSC06741 お茶やコーヒーも自分で好みのものが作れます。 DSC06744 かなり心地よく仕事ができました。 またバンコクにくるときは利用させていただきたいなと思いました。

まとめ

「BUSY BEES@115」は、バンコクへの進出のビジネス支援や人材紹介、マンションの賃貸等を行っているようですので、シェアオフィスとしてだけではなく、バンコクでのビジネス展開を考えている日本人の方にはよいかと思います。 ここでまた様々な人脈をつないで、次への足がかりにしていきたいなと思いました。 日本での代わり映えの無い日々を繰り返しながら、デスクワークをこなすよりも、たまには思い切ってバンコクに飛んで、新鮮な環境で仕事をすることで、また新しいアイデアが生まれてくると思います。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ