【Photoshopの使い方】ペンキが滴れたようなエフェクトを使ったデザインの作り方。サムネイル作成・プロフィール画像作成に。



今回はペンキが滴れたようなエフェクトを使用したデザインの制作工程をシェアさせていただきたいと思います。

今回は、とくに難しい技術は使っていないので、ある程度Photoshopに慣れている方であれば、すぐに取り入れられると思います。

Photoshopの初心者の方に特に見てもらたいポイントは、

・ペンキの滴れるパーツの切り抜き・マスクの仕方
・背景に色をつける際のブラシの使い方

を特にチェックしていただければと思います。

今回使用した画像やブラシの提供元のサイトのURLを概要欄に貼ってますので、また後ほどチェックしてみてください。

★ブラシ素材
https://www.deviantart.com/imouritsa/art/Brush-Pack-Splashes-Of-Paint-94180220
https://www.brusheezy.com/brushes/2772-watercolor-splatters

★ペンキの滴れる画像素材
https://stock.adobe.com/jp/images/set-of-black-paint-drips-vector-illustration-for-your-design/311099751

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ