東京のホームページ制作・WEBデザインオフィス「SKYGOLD」

Autumn in New York City vol.02

ニューヨーク2日目。
初めての朝を迎えた。日本に比べると、季節が一つ先に進んだような感覚だった。11月初頭だというのに、日本の真冬並みの寒さだ。
昨日宿に到着したのが夜になり、疲れていたので、外を出歩いていなかった。
まずは、宿の近所を散策してみる事にした。

今回宿泊している宿、BPROOMのエントランス。
もともとは工場だった建物らしい。駅に隣接していてとても便利な立地。

ny2013_02_01

ny2013_02_02

ゲストハウスの周りを歩いていると、たくさんのグラフィティアートに出会うことができた。
これらはほんのごく一部に過ぎないのだが、ニューヨークのアーティスト達の個性がひしめき合っている。

ny2013_02_03

ny2013_02_04

ny2013_02_05

ny2013_02_06

ny2013_02_07

ny2013_02_08

ny2013_02_09

ny2013_02_10

しばらく散策した後、Morgan Ave.駅から地下鉄Lラインに乗り、ユニオンスクエアという駅に向かう。

ny2013_02_11

ny2013_02_12

ユニオンスクエアから、ブロードウェイを北へ歩いた。
初めて訪れたニューヨークの街並みを眺めながら、タイムズスクエア方面へ足を運んでいく。

ny2013_02_13

ny2013_02_14

ny2013_02_15

ny2013_02_16

30分ほど歩くと、タイムズスクエア周辺に到着。街のネオンが派手になり、店や、行き交う人々の数も増えていく。

ny2013_02_17

ny2013_02_18

ny2013_02_19

カフェに入り、ランチを頂く事にした。
フレッシュターキーコブというラップサンドとアイスコーヒーを注文し、少し休憩。
窓際に座り、食事をしながら、ガラス越しに通りを眺めながら、少しの時間が流れた。

ny2013_02_20

しばらくしてから、5th avenue(5番街)を道なりに歩いていく。

ny2013_02_21

ny2013_02_22

ny2013_02_23

たくさんの高級ブランドショップを横目に、華やいだ街並みの中を眺めながら歩いていった。

そして、アップルストア・ニューヨーク店へ辿り着いた。

ny2013_02_24

i pad air が発売された翌日の店内は、非常に混雑している。
日本では感じる事のできない本場の雰囲気を感じた。

ny2013_02_25

ny2013_02_26

ny2013_02_27

ny2013_02_28

目の前にセントラルパークがあるので、休憩がてら少し入る。
紅葉の景色が広がるパーク内には、紅葉の撮影を楽しむファミリーや、ベンチに座ってゆっくりと時間を過ごすカップル、トランペットを吹いてパフォーマンスをするおじさん、犬の散歩をする若い女性など、たくさんの人でにぎわっている。

ny2013_02_29

ny2013_02_30

ny2013_02_31

そんな景色を眺めながら、次の行き先を考えていた。

今回は、アートを少しでも多く巡るというテーマを持ってきていたので、地図を片手に、近くに美術館か何かないか調べて見る事にした。
ニューヨーク近代美術館が今いる所から歩いて行ける距離だったので、行ってみる事に決めた。

美術館の近くまで行くと、路上で絵画を販売しているブロンドヘアの女性がいた。
少しの間、絵を見せてもらいながら、女性との会話が始まる。
好きな雰囲気の絵だったので、1点おみやげに買って帰ることにした。

ny2013_02_32

「あなたが描いた絵なの?」
「私の友達の描いた絵よ。」

「ここが住所になってるわ。よかったら連絡してみてちょうだい。」
「連絡してどうすればいいの?」

・・・・・

英語の会話が難しくなってきたので、結局住所や、電話番号を教えてもらったが、どうすればいいか分からないまま、女性と別れ、美術館のほうへ向かう事にした。

ny2013_02_33

そして、ニューヨーク近代美術館(MOMA)へ。 白いガラス張りで作られた近代的な建物の中へと入っていく。

ny2013_02_34

ny2013_02_35

ny2013_02_36

いろいろな事を考えながら、世界の有名な画家・アーティストの様々な作品を眺めていった。

美術館を後にし、地下鉄に乗り、ゲストハウスへ戻ることにした。

タイムズスクエア駅の構内を歩いていくと、テンションの高い音楽と、溢れんばかりの人だかりがざわめきを作っている。

音楽と手拍子と共に、自らの身のこなしを披露していくパフォーマー。

リズムに合わせて、連続でバク転を繰り返したり、妙な体のくねらせ方をして飛び跳ね続けたりと、超人的なパフォーマンスを繰り広げていく。



ニューヨークらしい、ハイテンション、ハイレベルなストリートパフォーマンスである。

しばらく見とれてしまっていた僕は、電車へ乗り、ゲストハウスへと戻った。

今日は、ゲストハウスのみんなとブルックリン・ワイナリーへ向かう日だった。

地下鉄Lラインの、Morgan Ave.駅から2駅離れたところにある、Bedford Ave.駅を降りて、少し歩いたところにワイナリーがある。

宿泊しているゲストハウスのみんなとの初めての食事。
少しずつの自己紹介も交えながら、ニューヨークの話や、旅の話などで、ワインボトルが空いていく。

ny2013_02_37

ny2013_02_38

そしてまた、ゲストハウスに戻ってからも、ブルックリンラガーと出会った仲間達に囲まれて、夜はどんどん更けていった。

ny2013_02_39

W r i t e r
KEiSoN★
代表取締役 / webデザイナー
2009年1月よりフリーランスのwebデザイナー/ディレクターとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。 過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。 2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。 現在は主に日本・タイを年間3,4回ほど往復しながら活動中。 Wordpressを使用したオウンドメディア構築を得意とする。 国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。 旅と音楽と酒と料理作りが好き。
アーカイブ