Autumn in New York City vol.07

7日目。SOHOを歩く。ニューヨークに来てから初めての雨。
しとしと降り続く雨は観光客にとっては少し邪魔である。少し街をうろうろしながら、いくつかのアパレルショップに入る。

ny2013_07_01

雨が降ったり、止んだりを繰り返すので、雨宿りをしては、街を歩き、というのを繰り返した。

しばらく歩いていると、昼食の時間帯になり、小腹が減ったので、カフェに入りランチをすることにした。
ハンバーガーと、カフェラテを注文する。
アメリカなので、もちろんアメリカンサイズなのだが、やはり、料理が来るとそのサイズの大きさにびっくりしてしまう。

ny2013_07_03

もっさりと盛りつけられた太めのフレンチフライに、分厚い肉と野菜がガッツリとバンズに挟まれたハンバーガー。
肉はジューシーで、バンズも美味いのだが、やはり、量が多くてなかなか食べきるのが難しい。

結局、休憩しながらゆっくり食べていると、食べきるのに一時間ほどかかってしまった。

ny2013_07_04

少し休憩した後、またSOHOを少し徘徊した。

SOHOを歩いたその中でも一番目を惹いたのが、「John Varvatos」。

日本には未上陸のロックファッションブランド。
ショーウインドウには、ジョニーロットン(SEX PISTOLS)、THE CLASH、ジミヘンドリックス、RAMONES等、大好きなアーティストの写真が飾られている。

ny2013_07_05

原宿や、高円寺などの安いロックショップとは違い、本当にロックスターが訪れるようなレベルのハイセンスなアイテムが並んでいる。
気に入った服の金額を見てみると、コートで$20,000、スニーカーで$500、ブーツで$800前後というレベルの金額。
デザインや、素材にもかなりこだわっており、その金額にも納得できるほど魅力的だった。

突然そんな魅力的な店に出会ったので、心の準備ができておらず、そもそも服を買いにニューヨークに来た訳では無いので、何も買わずに店を出たが、次回ニューヨークに来るときは、ここで必ず買い物をしようと心の中で決意をしている自分がいた。

少し休憩した後、またSOHOを少し徘徊した。

ny2013_07_02

夕方からは、同じ宿に泊まっていたヒロキと待ち合わせをし、グラフィティアートのメッカ、「5POINTS」へ向かうことにした。

Hunters point Avenueという駅で待ち合わせをし、5pointsへ向かう。

49th avenueを歩き、21st streetを右に、そして、Jackson Avenueを右に歩くとすぐに、派手な建物が見えてきた。

ny2013_07_06

大通り沿いを歩いて、少し記念撮影をしてグラフィティアートを眺めていると、ヒロキがラジオか何かのインタビューに捕まり、英語の質問に応えていた。

そして、辺りを一周し、いまだかつて見た事もない派手さの、建物いっぱいに描かれたグラフィティアートを見学していった。

ny2013_07_07

ny2013_07_08

ny2013_07_09

ny2013_07_10

ny2013_07_11

ny2013_07_12

ny2013_07_13

ny2013_07_14

そして、ゆっくり見学していると夕方になり、タイムズスクエア方面へ戻る事にした。

ヒロキとうろうろタイムズスクエアを歩き、喋りながらニューヨークの中心街を徘徊する。

夕方、陽が落ちる頃に、エンパイアステートビルへ登り、夜景を見に行くことにした。

ディズニーランドのアトラクションのようなパーティションで区切られた空間を抜けながら、エレベーターに乗り、屋上にのぼり、外へ出る。

11月のニューヨークということもあり、そして今日は比較的気温の低い日でもあり、320mの高さなので、寒さが半端ではない。
凍えながら、その夜景を眺めた。

ny2013_07_15

ny2013_07_16

こんなに綺麗な夜景はいままで見た事がない。ニューヨークの夜景の次元の違いに目を奪われた。
ギラギラに輝いた宝石の集まりのような、満点の星空でも眺めているような、そんな夜の景色をゆっくりと、凍り付きそうな体は寒さを忘れ、眺めていた。

そして、ゴリラのマスコットと記念撮影をし、外へ出る事にした。

ny2013_07_21

そして、ディナータイム。ハードロックカフェに入ることにした。

ny2013_07_20

バリ島のハードロックカフェで生演奏のライブを見ながら食事ができたので、その気で入っていったのだが、どうもニューヨークのハードロックカフェには、生演奏のライブはないらしい。

ny2013_07_17

ny2013_07_18

ウェイティングの間、バーで少し酒を飲み、30分ほどの時間を過ごした。
テーブル席に案内され、食事のオーダーをする。

気分的にステーキが食べたかったので、ステーキを注文した。

とても肉厚で、ジューシー。
普段ステーキを食べる機会も少ないので、しっかりと味わった。高級な肉というわけではないが、$30ほどの金額で、満足のいく肉を食べる事ができた。

ny2013_07_19

満腹になったお腹と、ほどよく酔っぱらった心地のよいテンションで、マンハッタン中心街を歩き、地下鉄を乗り継ぎ、宿へ戻る。

その後、ワインパーティになったのは、いうまでも無かった。。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ