Autumn in New York City vol.09

9日目。
今日はセントラルパーク周辺を歩くことにした。

ny2013_09_01

コロンバスサークルの近くのサンドイッチ店、subwayで、朝食を済ます。
そして、セントラルパークウエストを北へ、15分くらい歩くと、72nd st.との交差点にぶつかる。
交差点沿いには、ダコタハウスという、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが住んでいた高級集合住宅があり、当時の面影を残したまま、その周りを忙しなくイエローキャブや高級車行き交っている。

当時彼らがどんな暮らしをしてたんだろうと想像してみたり、この周辺を歩いていたことを想像していると、心がどんどんタイムスリップしていく。

ny2013_09_02

ny2013_09_03

少しぼんやりした感覚で、パーク内に入る。
歩いていくと、「Strawberry Fields」と書かれたグリーンの標識が出ており、そのまま道なりに歩いていくと、「Imagine」と書かれた大理石でできた円形の記念碑が目に飛び込んで来る。

ジョン・レノンの世界平和への思いを感じながら、心の中で、「Imagine」の曲が流れていた。

ny2013_09_04

何かものすごいパワーに満ち溢れており、ここにいるだけで何か心が吸い込まれていくような気がした。
何か、神掛かったような、神聖なものを感じていたのは、僕だけだっただろうか。



しばらくベンチに座り、この場の雰囲気を感じていた。
記念撮影の順番待ちをしている人々、ベンチでギターを弾き語る男性、世界各国からの観光客でにぎわっていた。
落ち葉がちらつく秋のストロベリーフィールズは、ぐっと心の中に深い記憶を残した。

ny2013_09_05

ny2013_09_06

その後、セントラルパーク内をあても無くフラフラと歩いてみることにした。

さまざまなパフォーマンスや景色が目に移る。

ny2013_09_07

ny2013_09_08

ny2013_09_09

ny2013_09_10

ny2013_09_11

ny2013_09_12

ny2013_09_13

トランペット奏者、ダンサー、シャボン玉でパフォーマンスをする男、映画の1シーンに出てきそうなカップルのキスシーン、似顔絵を独特のタッチで描く画家、ジャズバンド、馬車の客引き。

落ち葉が舞い散る黄色い景色の中にとけ込みながら、パーク内をぐるりと廻った。

そして、少し小腹が減ったので、パークの近くのカフェへとはいることにした。 「Sarabeth’s」というのアメリカンクラシックな雰囲気のカフェへはいり、パンケーキを注文した。

ny2013_09_14

フワフワのパンケーキは勿論、メープルシロップや、バター、ストロベリーなども味がきめ細かく整えられており、かなり上品で贅沢な味わい。日本で普段日本で食べないということもあるだろうか、こんなに美味いパンケーキを食べた事がない。

そして、マンハッタンの街をうろうろしながら、ニューヨーク最後の夜を迎えた。

ny2013_09_15

ゲストハウスに戻り、しばらくリビングでまったりしていると、長期滞在している女性が手作りハンバーグを作るということで、食材を買って帰ってきたので、宿のみんなでハンバーグ作りを手伝うことにした。

そしてみんなで作ったハンバーグを食べながら、団らんしながら、最後の夜を過ごした。

この夜はワインを飲み過ぎて、途中でどうもダイニングテーブルにほっぺたを付けて寝てたのだが、そこから床にバタンと勢いよく落ちて、またそのまま寝てしまうほど、泥酔をしてしまっていた。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ