アロナビーチ、ヴァージン&バリカサグ島。

今日は少しゆっくりめの朝を過ごす。
10:00。タグビラランのホテルをチェックアウト。
トライシクルを拾い、騒音の多い街から離れていく。
タグビララン市街からアロナビーチへ向かう事にする。

DSC03243-2

田舎道をガタガタと揺られながら、1時間弱。
今日のトライシクルはいつものより古いのか、馬力が弱い。
緩やかな上りの坂道や穴ぼこの多い道は勿論、直線の道ですらなかなかスピードが上がらず、他のバイクやトライシクル、タクシーなどに追い抜かれていく。
のらりくらりと進む割にうるさいエンジン音だけが1人前だ。

DSC03245-2

探していた宿を見つけ、チェックイン。ビーチへ出る。

視界が一気に青色に染まっていく。
空と海のブルーを眺めていると、都会での疲れを全て吸い込んで行ってくれるような気がして、とても気持ちがいい。

DSC03254-2

DSC03257-2

もう少し先にある島へ足を伸ばして見る事にした。
ブルーノ・マーズに似ている船乗りのお兄さん。
当然、ニックネームはブルーノとなる。

DSC03270-2

船は出発し、30分ほど行った沖にある、ヴァージン島という謎の小島に到着。
遠浅の海と、緩やかなカーブを描く三日月型の砂浜。空が海面に反射しているのがとても綺麗だ。

DSC03286-2

DSC03290-2

島の中には、野外の教会のようなものがあり、庭の植物も綺麗に手入れが施されている。

DSC03291-2

禁止事項の多い看板に目をやる。どうやらこの島は遊ぶための島ではないようだ。
それにしてもギャグにも思えるこの看板はなんであろうか。
真ん中の「KISSING」のイラストがマリオとピーチ姫になっている。。。

DSC03294-2

何に対して祈っているのか。なぜその先に鳥がいるのか。それも謎である。

DSC03301-2

20分ほどスコールに降られ、雲行きも少し怪しくなってきたが、一旦雨は止み、ヴァージン島を出発。

DSC03322-2

次に見えてきたのが、バリカサグ島。

DSC03309-2

島に着き、小さな船に乗り換え、シュノーケリングとマスクを付け、海の中へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さなカラフルな魚が沢山泳いでいる。
水の中の別世界に瞳を奪われたまま、海の中でもシャッターを切る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アロナビーチに戻ると、日が暮れかけていた。
海辺のバーから聞こえて来るアコースティックギターの弾き語りが最高のBGMになる。
ウッドのイスに腰掛け、ビールを片手に、世界が藍色に染まっていくのをぼんやりと眺めていた。

DSC03328-2

波の音と静かな夜が、心と体に染み込んでいく、海辺の夜。
心の中の足りない色が、満たされてきた。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ