wordpressの画像を高速化してサイトの読み込み速度をアップする。

まだまだ課題が残るWORDPRESS高速化。
自分の運営しているWORDPRESSが写真をメインに使用していくブログなので、画像を多用するとページの読み込み速度が遅くなってしまう。

今まで、QuickCache、MoCache、WPSuperCache、DBCacheReloadedFix、WPFileCache、HeadCleaner、WPHyperResponse、.html on PAGES等のプラグインを利用してそれなりに高速になってきたが、今度は画像系の高速化のプラグインを試してみる事にした。

今回は、
1.Lazy Load
2.WP Smush.it
の2種類を試してみることに。

なかなか効果アリだったので、覚え書き。

1.プラグイン「Lazy Load」

◆Lazy Load

Lazy Loadは表示されていない領域の画像を読み込まずに、ユーザーがスクロールをして画面内に画像の領域が現れたときに画像をフェードインさせて読み込むプラグインです。僕のブログが画像をかなり多用するので、なかなか効果アリといった印象です。画像も綺麗にフェードインするので、オススメです。

lazy01

1.このプラグインは、プラグインの「新規追加」画面で、「Lazy Load」を検索し、インストールし、有効化をするだけで、即サイトに反映されます。

2.プラグイン「WP Smush.it」

◆WP Smush.it

WP Smush.itは画像を劣化させずに圧縮してくれるプラグインです。「Smush.it」のサービスのWordpressプラグイン版といったところです。

1.まずは、プラグインの「新規追加」画面で、「Smush.it」を検索し、インストールし、有効化をします。

2.有効化したら、「メディア」メニューに、「Bulk Smush.it」という項目ができているので、こちらをクリックします。

sm01

3.下記のような画面が出てくるので、クリックして圧縮を開始します。すでに圧縮済みのものは無視されます。

sm02

4.個別に圧縮をしていきたい場合は、「メディアライブラリ」の画面右で個別にやっていきます。
同じ画像を何度もやると、画像が劣化してしまうので、注意してください。

sm03

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ