プリペイドSIMと050plusを使用して海外通話を安くする。

smartphone
海外に居るときに、仕事で日本に電話を掛けなくてはならない場合、現状のキャリアの090又は080から始まる電話番号だとかなり通話料が高くなり、Wi-Fi環境エリア外でインターネット接続をしようとすると、次の月にかなり高額な請求がくることがあります。

最近であれば、LINE通話やSKYPE、FACEBOOKの通話機能を使用して、Wi-Fi環境から電話を掛ければ無料で通話できますが、仕事となると、固定電話から掛かってくることもありますし、掛けることもあるので、電話番号が必ず必要になります。 今回は、僕が実践している、海外から電話しても (もちろんインターネットが普及しているエリア内に限ります。) 通話料を安く抑える方法を紹介させていただきます。 今回は場所はバンコクで行いました。

まずは、050plusに会員登録し、スマホにアプリをインストール。

まずは、PCかスマホから、http://050plus.com/へアクセスし、会員登録をしましょう。 クレジットカードをもっていればすぐに会員登録が可能です。 会員登録が完了したら、050plusのアプリをインストールします。 050plus

050plusを使用して電話を掛けられるようになります。

これでひとまず、050番号を入手できます。 日本国内にいても、海外にいても通話料がとても安く使えるので、とても便利です。 現在使用しているスマートフォンの080や090から始まる番号に加え、050番号も使用できるようになりました。 バンコクから日本であれば、1分45円で通話ができます。 その他の国の料金は、下記サイトから確認可能です。 http://www.ocn.ne.jp/voip/phone/service4/ 050plus以外にも、SMARTALK等のIP電話サービスがありますが、両方試してみた結果、050plusのほうが通話品質が良かったので、050plusを使用する結果となりました。

旅先で、現地のプリペイドSIMを購入する。

バンコクであればスワンナプーム空港の1FにプリペイドSIMカードを販売している店舗がいくつかあります。今回はこちらの「True move」で購入することにしました。 DSC03985
料金は、下記のプランから選ぶ事ができます。 基本的にどのプランもデータ使用量は使い放題ですが、一定の通信量を超えると速度制限がかかります。 price
カウンターで申し込みをすると、スマホのSIMカードを交換してくれ、設定も変更してくれますので、基本的には、どのプランにするかを決めて、待つだけです。非常に簡単です。

なんと、1GBであれば、30日で300バーツ(1,100円)ほどで使用できますので、かなり安いです。 速度も常にだいたい2MBくらいは出ていますので、通話や、メール等のデータ量の軽い用事であれば遅くて困るようなこともありません。

Wi-Fiエリア外でも購入したSIMのキャリアのエリア内であればどこでもインターネットと電話ができます。

これで、カフェやホテルのWi-Fi環境でなくても、インターネットと電話が出来るようになります。 このやり方ですと、海外にいるときも日本と同じような環境で、使用できるので、非常に便利ですね。

最近では、softbankが「アメリカ放題」というプランを出しており、アメリカであれば上記の手法を使わずに日本と同じように電話やインターネットを使用できるようになってきているので、将来的には、今回のような手段を使わずに世界中でスマートフォンを自由に使える日が来るかもしれませんね。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー/フロントエンドエンジニア
2009年1月よりフリーランスのwebデザイナー/ディレクターとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。 過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。 2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。 現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。 Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。 国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。 旅と音楽と酒と料理作りが好き。 最近は、映像制作の勉強も行なっている。
アーカイブ