WordPressのユーザープロフィールの項目を新たに追加する。

ブログ用画像

オウンドメディア等でwordpressを使用してブログ構築をする際、記事を書いた人のプロフィール等を表示したいことがあると思いますが、wordpressの、デフォルトのプロフィール情報だけでは足りない場合、ユーザープロフィールの管理画面に項目を追加する必要が出てきます。

その場合の記述方法を調べましたので、メモしておきたいと思います。

まずは管理画面にユーザープロフィールの項目を新たに追加する。

例えば、「役職」「facebook」に項目を追加したい場合、下記のコードを「functions.php」に記述することで、項目の追加が可能になります。

a

項目をさらに追加したいときは

「役職」の項目を例にすると、

下記のような形になりますので、

この1行を任意の項目に書き換えればOKです。

項目をサイト上に表示する方法

管理画面上に追加された項目を、次はサイト上で表示していきます。
「the_author_meta」というテンプレートタグを使用して、先ほど追加した項目を表示します。
下記のような記述を表示したい部分に記述します。

q

空欄の場合に非表示にする方法

もし空欄の場合に、非表示にしたいHTMLタグ等がある場合は、
下記のタグで囲い、入力があった場合にのみ表示させる記述を書きます。

例えば、役職名の場合だと、

と記述すると、HTMLタグを含んだ部分の、

の表示・非表示の切り替えが可能になります。

まとめ

このように項目を追加し、著者情報を充実させる事で、記事を書いた人のプロフィールをより詳しく掲載することが可能になりますので、オウンドメディア等を運営されていてこれからこういった機能を追加したい人には非常に便利な機能です。

    WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

    WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
    WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

    この記事を書いた人
    KEiSoN★
    スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー

    2009年1月よりフリーランスのディレクター/Webデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
    過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
    現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
    Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
    国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
    最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

    アーカイブ