タイ・クリエティブ&デザイン・センター「TCDC」へ行ってきました。

DSC06803 タイといえば、金色の立派な仏像の寺院、綺麗な海、温厚で優しい人柄、おいしくて安い屋台料理、トゥクトゥク、田舎のほうへ行くと自然がたくさん。というイメージが先行しており、もちろんそれが名物で、それが最高に楽しいのですが、それだけではありません。 バンコクは、国自体がクリエイティブに力を入れているようにも感じます。バンコクの街が発展していくと共にものすごい勢いでクリエイティブな施設やショップが増えてきています。
この大都会バンコクの街を歩いていると、クリエイティブな広告やオブジェ、カフェ、アパレル、ショップ、ホステル等が多く目に入ってきます。 旅とクリエイティブが好きな僕としては、「旅」という視点でも「クリエイティブ」という視点でも楽しめる街というふうに思っています。

BTSプロンポン駅に直結している大型ショッピングモール「エンポリウム」の6Fに「TCDC」という、国立のクリエイティブセンターがあります。 2003年にタイ政府がクリエイターの育成のために作ったという複合施設で、美術館、図書館、ミュージアムショップが併設されています。 コワーキングスペースで知り合った、タイ語でライターやブロガー活動を行っている男性から情報を聞き、行ってみることにしました。 DSC06668 広々としたエリアにスタイリッシュな受付カウンターがあり、ここで、入館の手続きをします。 今回は初回のトライアルで、1日無料で利用させていただきました。 中は、残念なことに撮影禁止です。 電源もあり、無料Wi-Fiも使え、広々とした清潔でスタイリッシュな空間で、気持ちよく仕事ができます。 タイ人デザイナーはもちろん、世界各国の様々なクリエイターがここで勉強や仕事をしています。 DSC06664 中に入ると、世界中から輸入された様々なジャンルのデザイン関連の洋書が棚一面にぎっしりとならんでいます。 日本でもおそらくこれだけデザイン書が揃っている図書館はないと思います。 ここにくる前にもサイアムパラゴンの紀伊国屋書店でたくさんのデザイン書を見て、驚いていたのですが、それだけでは無かったようですね。バンコクはデザインが勉強できる環境が非常に整っているなあと思いました。 日本は国内のデザイン書はいろいろありますが、海外のデザイン書がまだまだ少ないと思いました。
最寄駅: プロンポン駅 営業時間: 10:30~21:00 料金: 1日利用 トライアルは無料 (その他料金はこちら) URL: http://www.tcdc.or.th/ 住所: 6th Fl. The Emporium Shopping Complex 622 Sukhumvit 24, Bangkok[Google MAP]
DSC06666 隣にもお洒落なカフェがありますので、ちょっとした息抜きをしながら作業ということも可能です。 DSC06669 エントランスのカウンターに様々なイベントのフライヤーがおいてあります。 タイ語と英語のものが多く、理解が難しかったですが、デザインもよくできているので、参考になりました。 DSC06671 今回はたまたま、「Found Wood Working Project」というイベントの展示がされていました。 DSC06670 木を使った様々クリエイティブ作品を見学。 DSC06806 こちらのショップもデザイナーが頑張って作った作品が販売されていました。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー/フロントエンドエンジニア
2009年1月よりフリーランスのwebデザイナー/ディレクターとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。 過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。 2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。 現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。 Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。 国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。 旅と音楽と酒と料理作りが好き。 最近は、映像制作の勉強も行なっている。
アーカイブ