東京のホームページ制作・WEBデザインオフィス「SKYGOLD」

Googleがモバイル検索のページ読み込み速度を正式にランキング要素に使用するという発表がありました。

Webサイトのページ読み込み速度を速くする方がSEOに強くなるという指標は、以前からありましたが、それはデスクトップ検索を対象としていたもので、今回の発表で、正式にモバイル検索のページ読み込み速度をランキング要素と使用するということになりました。

2018年7月からランキング要素として使用されるようです。

最近は静的なWEBサイトはほとんどなくなり、何かしらのCMSやASPサービス、プログラム等で実装されたWEBサイトが多いので、回線速度の遅いところでは特に速度が大切になりますし、ユーザーにストレスをかけないサイト作りをする為にも、できるだけコードがシンプルになるように、記述を気をつけなければなりません。

最近は特にモバイル端末であるスマートフォンでのユーザーが多数になっており、かつ今回の発表でSEOのランキングが大きく変動する可能性が出てくるので、これからのモバイルSEOにおいて重要な課題になると思います。

スマートフォンのリニューアルを検討している方は特に頭に入れておいた方が良さそうですね。

 
W r i t e r
KEiSoN★
代表取締役 / webデザイナー
2009年より東京にてフリーランスWEBデザイナーとして活動を開始し、2015年12月に法人化した、創立9年目の小さなデザイン事務所です。初対面でも柔軟に人にとけ込んでいける性格と、個人事務所という利点を活かした柔軟なサービスを得意としております。コストパフォーマンスの高さNo.1のwebサイト制作を目指します。
アーカイブ