東京のホームページ制作・WEBデザインオフィス「SKYGOLD」

WordPressで不動産会社の物件検索webサイトを構築する手法4パターン

最近、不動産サイト構築の案件の相談が立て続けに来ていて、相談内容もバラバラですが、「できるだけ低予算で」と言うのが、共通していることであり、どうやって解決していくかというのが鍵になります。

今回相談が来ている案件の中でどういう風に構築しようかと考えた中でアイデアの出てきた、Wordpressを使用した構築手法・予算別の4パターンを簡単に紹介したいと思います。

①Wordpressのカスタムフィールドを使用して、投稿システムで物件登録ができるようにする方法

こちらが一番シンプルな方法かと思います。
要するに、管理画面上に、「家賃」「敷金」「礼金」「間取図」「外観図」「住所」「沿線」など、一般的な不動産サイトですと入力項目が、2,30項目は出てくると思いますが、それを入力フォームや画像アップローダを使用してアップできるようにするということです。
簡単に検索を入れるのであれば、例えばカテゴリ分けを、「駅名」にし、タグもしくは子カテゴリで、諸条件を例えば、「家賃150,000円以内」「2LDK」「角部屋」「敷金礼金0」等を登録しておけば、簡単な検索はできるようになるかと思います。

この構築方法ですとバックエンド開発の工数があまりかからないので、予算もかなり抑えられると思います。
小さな不動産会社であれば、以外とこれで間に合うような気がします。

ご予算的にはフロントエンド制作費+15〜20万円前後といったところでしょうか。

②上記の①に加え、さらに、条件検索の処理を構築する方法

こちらは、上記の①に加え、条件検索の処理を入れて、もう少し不動産サイトらしくすると言った手法になります。

ご予算的にはフロントエンド制作費+20〜30万円前後といったところでしょうか。

③「不動産プラグイン」を導入してカスタマイズする方法

フリーで提供されている不動産プラグイン(https://nendeb.jp/)を導入して構築する方法です。
こちらを使用すると、一般的な不動産物件検索サイトのシステムがすぐに扱えるようになります。
CSVインポートにも対応していますので、大手の不動産会社の物件データをインポートできます。
他社連携 (物件CSV取込み)
デザインテーマが「Twenty~」シリーズにしか対応していないので、自社フレームワークが使用できないので、テーマファイルをカスタマイズするのに、工数が増えそうな感じです。ただ、レスポンシブ対応されているので、0から構築するよりは早く構築できそうですね。
バックエンドよりも、フロントエンドの調整に工数がかかりそうです。

ご予算的には40〜80万円前後といったところでしょうか。

④開発会社と連携して構築する方法。

こちらは、一般的な制作・開発案件として、システム開発会社と連携して構築する方法になります。
様々な不動産システムが昨今では存在していますので、要件をお伺いして、ニーズを満たせそうな物件システムを持っている会社にバックエンド業務を依頼して、サイト制作をするパターンになります。
Wordpressをカスタマイズして構築する方法もあれば、他社の不動産システムのCMSを使用する場合もあります。 ご予算的には100万円〜300万といったところでしょうか。規模が大きくなるとそれ以上かかりそうですね。

しっかりとご予算があり、なおかつシステムのカスタマイズにこだわって行きたい方はこちらになるかと思います。

まとめ

求める機能やデザイン、運用手法で大幅にご予算も変わってくるかと思います。
まずは、自社で必要なスペックをしっかり確認してから開発に入りましょう。
オーバースペックも予算を無駄にしてしまいますし、機能が足りなすぎるのも、後の運用やアップデートが困難になることがあります。
W r i t e r
KEiSoN★
代表取締役 / webデザイナー
2009年1月よりフリーランスのwebデザイナー/ディレクターとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。 過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。 2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。 現在は主に日本・タイを年間3,4回ほど往復しながら活動中。 Wordpressを使用したオウンドメディア構築を得意とする。 国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。 旅と音楽と酒と料理作りが好き。
アーカイブ