自分の「MacBook Proが機内持ち込み禁止」になるかどうかを調べてみた。

先日ニュースを見ていると、「15-inch MacBook Pro」が防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明したらしく、リコールがかかっているようです。 アメリカ連邦航空局(FAA)が、国内線における一部のMacBook Proの持ち込みを公式に禁止しました。

色々ニュースをみていると、すでに4つの航空会社で、リコールが発表されたMacBook Proの持ち込みを禁止しているようです。

なんと、僕がよく行く、バンコクにも影響が出ている模様です。タイ国際航空でも持ち込み禁止が発表されています。
対象が、主に 2015年9月から2017年2月までの間に販売された15インチMacBook Proということなので、自分が買ったのが2016年。。
まさかと思い、調べてみました。

apple公式サイトのこちらのページで、シリアルNo.を入力することで確認できるようです。

試しに、入力をしました。

左上のアップルロゴのメニューから、「このMacについて(About This Mac)」を選択

まずは、バージョンの確認とシリアル番号が書いてある画面にアクセスします。
僕のMacbook proは、2016年モデルでした。
正確に言うとリコール対象は、”MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)”の一部の製品らしいですが、
「2015年9月から2017年2月までの間に販売された15インチMacBook Pro」とも記載されていたので、一応気になりますので、調べてみます。

シリアルナンバーをコピー

モデル名と、シリアル番号を確認。シリアル番号をコピーします。

アップル公式サイトでシリアル番号を貼り付け、確認

先ほどコピーしたシリアル番号を入力フォームにペーストします。 僕のPCは、対象外でした。よかった。。。

最後に

来月にタイへ行くので、自分のPCがリコール対象になっていてなおかつ搭乗する航空会社が持ち込みを禁止してしまったら、かなりの悲劇です。
調べてみて一安心しました。

WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/フルスタックwebデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/フルスタックWebデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

アーカイブ