【持続化補助金】webサイトや広告の発注をしたい小規模事業者は要チェック!25万円の自己負担で、75万円相当のWEBサイトが作れます。

小規模事業者持続化補助金という制度を使用すれば、
補助金を使用してwebサイト制作の費用の負担を抑えることが可能になります。

コロナの影響ですでに補助金のことを知っている方も多いと思いますが、

この「小規模事業者持続化補助金」は、コロナの前から存在していた制度で、
今回のこの新型コロナの影響を受けていない事業者でも申請できる制度となりますので、Webサイトの制作や広告出稿を検討されている方で、この補助金制度を利用すれば費用の負担をかなり抑えることが出来るようになります。

公式サイトで様々な資料が確認出来るのですが、webサイトや広告費については募集要項の資料の、②広報費に該当しますので、この動画ではこの部分を見ながら、どのようなwebサイトなら補助金で制作が可能かというお話をしていきたいと思います。

次回の持続化補助金の受付締め切りは、
一般型: 2020年10月2日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
コロナ対応型: 2020年8月 7日(金)[郵送:必着]

▼商工会議所小規模持続化補助金公式WEBサイト
https://r1.jizokukahojokin.info/
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

▼小規模事業者持続化補助金<一般型>【公募要領】[PDF]
https://r1.jizokukahojokin.info/files/9115/9314/8876/koubo_r1_ver7.pdf

▼小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>【公募要領】 [PDF]
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/files/7615/9314/9407/koubo_r2c_ver5.pdf

▼持続化補助金の手引き[PDF]
https://r1.jizokukahojokin.info/files/6715/9351/1676/r1i_sinsei_qa.pdf

    WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

    WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
    WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

    この記事を書いた人
    KEiSoN★
    スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー

    2009年1月よりフリーランスのディレクター/Webデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
    過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
    現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
    Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
    国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
    最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

    アーカイブ